理-コトワリ- ~キミの心の零れた欠片~ ~由比ヶ浜悠基 闇に掲げる魂の問題編~

【内容】

歴史と観光の町に転校してきた主人公・追儺御代 (ついな みしろ)。
彼は幼い頃に “牙を持つ荒神” という存在に魂の半分を食われてしまったため、少しでも自分に関わった人間の魂の闇に巣食う “理(コトワリ)” という化け物と関われる特殊な体質となった。

転校初日、御代はあるひとりの女子学生・由比ヶ浜悠基に目を奪われる。
“理” から御代を庇い、命を落とした恩人・カザミドリ と瓜二つだったためだ。

ある日、街中で悠基と共に “理” に遭遇してしまう御代。

その戦いの最中、不意を突かれて襲われそうになった悠基の手に、かつてのカザミドリと同じ武器が現れる。
“カザミドリ” と “由比ヶ浜悠基”。
ふたりの繋がりを突き止めるため、神道である悠基の家に訪ねるが、分かったことは彼女の叔母と関係しているというくらいであった。

そして戦いを経てどちらからともなく惹かれ合い、ふたりは肌を重ねる。

御代のいきり立つモノを、口に含む悠基。 悠基の大きく弾む胸を左手で揉みしだく御代。
ふたりの顔が、時に切なく、時に恍惚とした表情へと変貌を遂げる。

やがて知らされるカザミドリと悠基の関係。

あまりにも残酷な運命に引き寄せられたふたりが今、最後の戦いへと踏み出す。

 

*公式サイトからの引用になります
動画①アニメロード
アンテナサイト(えろぐちゃんねる)他おススメアニメはこちら

*xvideoの動画を紹介させて頂いておりますが、削除が早いです。なるべく2つ以上の動画を紹介するように頑張りますので最後までスクロールして頂けると助かります。

FavoriteLoadingマイページへ登録する