魔法少女の兄 〜下手な嘘と不良少年〜

s28092969
動画内容

東京からいくつもの路線を乗り換え、片道3時間。 栄えているのは駅前ばかりで、あとは見渡すかぎりのあぜ道という『よくある片田舎』。 そこが、僕らの新しい家だった。 僕は、父の仕事の都合で東京からこの片田舎に引っ越してきた転校生。 幸いにも転校先の学園ではクラスメイトたちに恵まれ、楽しい毎日を送っていた。 引越してから、数日が経ったある日の事。 学校から帰ってきた僕が玄関を開くと、そこには傷だらけの妹が倒れていた。 僕は慌てて電話を取り、救急車を呼ぼうとして……止められた。 振り返ると、そこには倒れていたはずの妹が居る。 どうして、と言いかけた僕の声は、なんでもないから、と言う妹の声に掻き消された。 傷の手当をしながら、一体何があったのかと問い詰める。 傷は擦り傷や殴打された痕が殆どで、それは明らかに誰かから危害を加えられた証拠だ。 場合によっては、警察にも届出を……そう考える僕に、妹は言った。 「えっとね、あのね……実は、わたし……魔法少女なの!」 その目は視点が定まらず、明らかな不安と恐怖を孕んでいる。 そんな苦しい言い訳をしてまで、妹は一体、何を隠そうとしているのか。 その時の僕には、まだ何も分かっていなかった。

【公式サイトからの引用になります。】

動画①

FavoriteLoadingマイページへ登録する