虜ノ契 ~家族のために身体を差し出す姉と妹~ 上巻 恥辱の契約

(内容)

 

耶雲里? (やくも りお)と耶雲未夢 (やくも みゆ)は、家庭の事情により少し特殊な環境で暮らしていた。
幼い頃に両親を亡くした二人は祖父に引き取られたのだが、その祖父は 『耶雲組』 という組の組長だったのだ。
祖父は孫娘には自分たちとは関係無い世界で暮らして欲しいと考えていて、組の仕事やしきたりなどには極力関わらせず、ごく普通の女の子として育ててきた。

しかし、祖父が病で倒れたことにより状況は一変する。

激化していく縄張り争いに、組長を欠いた耶雲組は耐えられなくなり、組は風前の灯火なる。
そんな状況に手を差し伸べたのが、かつて耶雲組を破門された、印南組の組長である印南孝三だった。
助ける条件として、彼が提案した条件は一定期間の間、里緒か美夢を自分のオンナとして差し出すことであった。
里緒は大切な場所と人を守るため、印南組長のオンナとして暮らすことを決意する。

 

 

*公式サイトからの引用になります。

 

動画①(hentaistigma)/ アンテナサイト(えろぐちゃんねる)他おススメアニメはこちら

FavoriteLoadingマイページへ登録する