町ぐるみの罠~白濁にまみれた肢体~ 下巻「ゆいのお尻がっ……」

(内容)

敦子がケンジの家でやられているその時………ゆいは慎二と二人でいつものように自宅で帰りを待っていた。
風呂上がりのバスタオル1枚で無防備な姿のゆいは、テーブルに拡げられた写真にがく然とする。
「こ、これ、お姉ちゃん……」
敦子がおしゃぶりしている姿を映し込んだ写真を見ながら難しい顔をしている慎二。写真の相手はケンジだ。
「敦子が自分からせがんだのかと思うとね……」
いつもと違う雰囲気の慎二に気付いたときにはバスタオルを剥ぎ取られ、雄の目をして一物を固く滾らせている慎二を前に、ゆいは抵抗できずに貪られていく。
敦子に心配をかけたくないばかりに一人耐え忍んでいたが、そんなゆいの前に、今度は総一郎とケンジ親子が迫っていた。
数日前から姿の見えない敦子……ゆいは敦子を守る為にも総一郎たちの要求を呑まざるを得ず、ついにははしたない尻穴さえも白日の下に曝されるのであった……
「な、なにすんのっ、変態っ、やだ………ゆいのお尻がっ」
悲壮な表情のゆいに構うことなく、容赦なくごつごつとした骨太の指がこじ開けていく…

 

 

*公式サイトからの引用になります。

 

動画①(hentaistigma)

アンテナサイトアニメロード(毎日更新)

アンテナサイト(えろぐちゃんねる)他おススメアニメはこちら

FavoriteLoadingマイページへ登録する